スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/5ベトナム ライチャウ→ディエンビエンフー

2006.09.15 20:17|
 今日はディエンビエンフーという町を目指す。世界史で習ったあの、ディエンビエンフーだ!高校生の時フランスの町だと思っていた。フランス軍の最後の砦となった町、気になる。。。。
 またまたひたすら山道を行く。車酔いならぬバイク酔いになってしまった。途中とても大きい橋を渡った。そこでとても美しい少数民族の女性をみかけ、写真を何枚も撮ってしまった。ほんとうに奇麗な人。だんなさんと一緒だった、が彼は服装は一般的な格好だ。
 もう一人この橋で赤ちゃんをおんぶした少女にあった。彼女はとてもとてもボロボロの服装で、目が見えていないようだった。おんぶした赤ちゃんの皮膚はただれている。清潔な環境ではないからだろう。人の気配を感じると歌いだし、お金をもらう。私もわずかなお金を差し出すことしかできないから、あげた。なにができるのだろうと、こういう状況の時はいつも悩んでしまう。心が痛い。。。
 ずっとアマゾン川のような茶色の川沿いを走る。道沿いには、ヤシの葉の屋根の家が。窓なんてない。家と呼べるのだろうか。沢山並んでる。電柱がないから電気はないようだ。水道もないみたい。生活用水はこの茶色の水ですませてるのか。ベトナムでも最も貧しい所の1つだそうだ。仕事がないようで家には男の人の姿も。生まれた場所のさだめと思うしかないが、ベトナムの政府はなにもしないのか。公の場で書くのも気が引けるがベトナム政府は貧しい部分を隠したがるようだ。いろいろなエピソードを聞くが、ここでかくのはやめておこおう。
 町の市場のようなところに出た。ここでお昼ご飯だ~。と食堂に入るとあの少数民族ビューティーの夫婦が!お互い驚いた。彼らはお酒を飲んでいる。同じテーブルに座ることに。ライスワイン(強烈!強い!)を小ペットボトル2本分すでに2人であけている。そして飲め飲め!と勧めてくる。私はアルコール弱いけどいい機会なので飲むことにしよう。だれかがグラスを口に運ぶ度に乾杯をするのが風習のようだ。楽しい!でもきつ~い。肝臓がやられる。この人達の内臓おかしい!と思いながらも楽しく飲みかわした。おつまみは豚の耳をゆでたもの。こりこりしておいしい。ライスワインは人と人を結びつけるとはよく言ったもんだ。ガイドさんが教えてくれた。
 この夫婦から写真ができたら送ってくれと住所をもらった。だんなさんが奥さんより10歳年下だそうだ。ベトナムではめずらしい。(たいていだんなさんが年上)ひとめぼれしたそうだ。旦那→奥さんに。なかなかやるな~(笑)。お互い。
 いろいろな村を通る。民族によって髪型、服装それぞれ個性的だが、みんな共通しているのはとてもおしゃれ!ということ。こだわりを感じる。あ~もっとこの人達のことが知りたい。
 あっ!と思ったらバイクを下ろしてもらうのだが、みんな外人(私)がめずらしいようで、とてもフレンドリー。写真も気兼ねなく撮れるが、みんなカメラ目線!!自然なのが撮りたいのに~。
でもとても楽しい。ここは本当に現代なのか。

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

にしやん

Author:にしやん
1976年11月11日生まれ/A型/蠍座
性格/ぐうたら
趣味特技/睡眠(1日以上寝れる)
職業/カメラウーマン


ホームページはこちら☟
http://web.me.com/nishiyanphoto/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。